ベルタ葉酸サプリ ダメ

ベルタ葉酸サプリにはダメなところがあるの?

サプリメントで心配なことの1つに、副作用があります。

 

そこで、ここではベルタ葉酸サプリの副作用について説明します。

 

結論から言うと、葉酸を摂取することで副作用が起こることはほとんどありません。

 

専門家の中には副作用が起こることもありうるという人もいるようですが、そのようなことはまずありません。

 

もし、あったとしても、葉酸を過剰に摂取した場合ではないかと考えられます。

 

葉酸は妊娠中に規定量を摂ることを国が推奨している成分なので、もし葉酸を摂って副作用が起こるようであれば、初めから国が推奨することなどできません。

 

ですから、ベルタ葉酸サプリも副作用を起こすことはまずありません。

 

ベルタ葉酸サプリを過剰摂取するとどうなるの?

 

普通に食事で摂取していれば副作用が起こらない葉酸を過剰摂取するとどうなるのでしょうか。

 

たとえそれがどれだけ人間にとって必要な成分であるとしても、過剰摂取してしまうと、副作用の症状が出てくることもあります。

 

もちろん、それは葉酸にも当てはまります。

 

しかし、葉酸は過剰摂取しにくい成分なのです。

 

というのも、葉酸はビタミンB群の1種で、水に溶けやすい性質があり、熱にも弱いので、調理している間にかなりの葉酸が失われてしまうのです。

 

しかも、吸収率も良くないので、とても摂取しにくい成分であるといえます。

 

また、体内で消費できなかった分は、そのまま体外に排出されてしまいます

 

さらに、葉酸は細胞の生成などのために、体内でもどんどん消費されてしまうので、通常の食事で摂取しても、体内に蓄積することがないので、過剰摂取することができにくいのです。

 

ただし、サプリメントを飲む場合は少し事情が違ってきます。

 

ベルタ葉酸サプリは1日に4粒が適用とされているので、3倍飲むと過剰摂取になる可能性があります。

 

そのため、ベルタ葉酸サプリを飲む場合は、適量をきちんと守るようにしましょう。

 

副作用や過剰摂取よりも葉酸不足の方が心配

 

葉酸に関しては、副作用や過剰摂取を心配するよりも、葉酸が不足することを心配する方が賢明です。

 

葉酸が足りないと、胃潰瘍や貧血、口内炎などの症状が起こることがあります。

 

さらに心配なのが、胎児に悪影響を及ぼす可能性があることです。

 

葉酸は細胞の生成や分裂を助ける働きがあるので、葉酸が不足すると、胎児が正常に成長できず、障害や病気になることも考えられます。

 

先述したように、葉酸は副作用を心配する必要がないので、普段の食事で積極的に葉酸をとるようにしましょう。

 

そこでベルタ葉酸サプリを併用すると、さらに効果的です。

 

普段の食事だけでは、厚生労働省が推奨する1日400μgの葉酸を摂取するのは難しいので、ベルタ葉酸サプリを併用すると、効率よく確実に葉酸を摂取することができます。

 

ベルタ葉酸サプリは、他の葉酸サプリよりも吸収率が高いので、コストパフォーマンスが高く、安心して飲むことができます。